講師派遣型研修

トップページ > 講師派遣型研修 > 環境法規制/コンプライアンス

環境法規制/コンプライアンス

環境法規制セミナー

特長・ねらい

1. 自社に適用される環境法規制を効率的に特定する方法を身につけられます。
(※「環境法規制ハンドブック」を使用)

2. これまで法律に携わったことのない、はじめての方でも分かりやすく体系的に学べます。

3. 順守するポイント・重要性を学べます。

対象

プログラム

1. 環境問題トピックス(環境関連トピックス・動向をわかりやすく解説)
2. 企業経営とコンプライアンス
3. ISO14001と法令順守
4. 環境法の最新動向(環境法の最新動向をわかりやすく解説)
5. 主要な環境法の概要説明 「環境法規制ハンドブック」を使った
  環境法規制の特定・参照方法

「廃棄物処理法」対策セミナー

特長・ねらい

1. 初めての方でも分かりやすく研修します。

2. 廃棄物処理法の基礎を押さえてから、改正点を重点的に解説します。

3. 法解説だけでなく、実務的な対応に踏み込んだ研修です。

対象

プログラム

1. 貴社から排出される産廃の実態
2. 改正・廃棄物処理法の基礎と改正ポイント
3. 実務的な対策を考える
・建設廃棄物を排出する場合
・処理困難通知を受けた場合
・優良産廃業者と契約する場合
4. 貴社が注意すべき廃棄物条例
5. Q&A

環境法規制順守評価プログラム

特長・ねらい

環境法規制の強化やコンプライアンスの重要性が増すなか、内部統制システムの一つである
「順守評価」を見直し、貴社の実態を踏まえて強化します。

1. 初めての方でも分かりやすい研修です。

2. 社内の関係者が受講者として一堂に会し、ワークショップ型で進めます。

3. 貴社が実際に登録している環境法規制の順守評価について研修します。

4. 主要な法規制の順守評価ポイントを解説します。

対象

プログラム

1. 最近改正された環境法規制の解説・背景
2. 貴社に適用される環境法規制の解説
3. 貴社の過去の順守評価結果の分析
4. ワークショップ
●順守評価のポイントと強化策の検討
●貴社が注意すべき県・市の環境条例
5. Q&A

環境条例対応・支援プログラム

特長・ねらい

1. 拠点が多い企業などに対して、各自治体の環境条例(廃棄物条例、生活環境保全条例)の調査を行います。

2. また、条例の調査方法を研修します。

対象

プログラム

1. 環境法律と環境条例の関連
2. 自社の本社や事業所の所在地(都道府県・市区)の環境条例確認方法
 支援1自治体のホームページから条例を検索する
3. 地域条例の具体的な義務事項の確認方法の説明
 支援2環境条例に関する規則を検索する
4. 事業所に適用される項目の抽出
5. 順守するために事業所がすべきことの確認
  環境条例一覧表を作成する

コンプライアンス入門セミナー

特長・ねらい

1. 企業経営におけるコンプライアンスの位置付けがあります。

2. 会社法に基づく企業統治と内部統制が整理できます。

3. 主なコンプライアンス分野について、実際の事例によりわかりやすく解説します。

対象

プログラム

1. 企業経営とコンプライアンス
2. 企業の社会的責任
3. 企業統治と内部統制
4. コンプライアンスの実践
5. コンプライアンス度チェック

コンプライアンス基礎セミナー

特長・ねらい

1. コンプライアンスに関する分かりやすい説明で知識の整理ができます。

2. グループ演習を実務的に学べます。

3. 企業統治、内部統制、コンプライアンスなどの概念の違いと関係が明確になります。

4. 取締役の責任の重さについて理解できます。

対象

プログラム

1. 企業経営とコンプライアンス
2. 企業の社会的責任
3. 企業統治と内部統制
4. コンプライアンスの実践(導入、展開の進め方と企業風土への根付かせ方)
5. 取締役の役割および義務と責任
6. 企業経営に係る主なコンプライアンス分野
7. ケーススタディ「法律違反と企業不祥事」

コンプライアンス実践セミナー

特長・ねらい

企業経営の中で重要な法律をケースを使って実践的に研修します。

対象

プログラム

1. 企業経営とコンプライアンス
2. ケース
●取締役の善管注意義務
●粉飾決算
●インサイダー取引
●価格カクテル
●製品表示の欠陥
●性別を理由とする差別とセクシュアルハラスメントなど
3. 遵法意識と遵法体制

「食品安全法規制」セミナー

特長・ねらい

1. 食品安全基本法や食品衛生法、JAS法の体系や概要をわかり易く解説します。

2. 食品安全に関する法規制は、通達などを含めて実際の業務と関連付けて解説します。

3. 食品製造業だけではなく、フードチェーン全般に関連する法規制も取り上げて解説します。

4. “緊急事態”“回収”等に対する危機管理ならびに法令順守体制の構築について学びます。

対象

プログラム

1. 食品業界を取巻く情勢と行政の動き
2. 食品衛生法
3. JAS法
4. フードチェーンに関連するその他の法律
5. 製品及び施設・設備・作業、原材料等に関する法規制
6. 許認可、届出、表示に関する法規制
7. 法令の検索、改正等の情報収集、相談窓口

ISMS/情報セキュリティ関連法規制セミナー

特長・ねらい

1. 情報セキュリティ関連の法規制に関する知識と実務の活かし方を学べます。

2. 情報管理における現代的諸問題について具体的事例をもとに学べます。

3. 情報セキュリティ・プライバシーマネジメントシステム(IPMS)の国際標準化の動向を学ベます。

対象

プログラム

1. 情報セキュリティの概念と情報セキュリティ関連法制の概要
2. 情報セキュリティ関連法の基礎
●機密性と関連法制
●完全性と関連法制
●可用性と関連法制
3. 情報管理における現代的諸問題
4. 情報セキュリティ・プライバシーマネジメントシステム
 (IPMS)の国際標準化の動向

コンプライアンス遵守評価支援プログラム

特長・ねらい

自社の経営に影響の大きい法律の特定と評価することにより、対応が急務な法令のコンプライアンス対応を強化します。

対象

プログラム

1. 貴社の経営に対して重要度の高い法令の特定とリスク評価
2. 優先的に対応強化すべき法令の決定
3. 企業経営に適用される重要な「法令遵守評価シート」の作成
●法令適用部門の責任者・担当者への説明会(研修)
●法令適用部門が「法令遵守評価シート」を作成・出
4. 「法令遵守評価シート」の集計・分析・フィードバック

お問い合わせ先
一般社団法人日本能率協会 ISO研修事業部 お問い合わせはこちら

iso9001/14001 2015年改訂版への対応移行プログラム

fssc22000

お問い合わせ

資料請求

講師派遣研修

審査登録ならびに認証に関する情報・お問い合わせはこちらから

規格改訂情報

JMA

JMAQA

JMACC

クラウド型 環境情報統合管理システム

ページトップへ