講師派遣型研修

トップページ > 講師派遣型研修 > FSSC22000認証取得プログラム

FSSC22000認証取得プログラム


※クリックすると拡大します。

FSSC22000導入キックオフ研修

特長・ねらい

FSSC22000を取り組むにあたり、目的の共有、取得のメリット、役割の明確化など

対象

プログラム

●なぜ、今 FSSC22000なのか
●FSSC22000認証取得に向けてのロードマップ
●FSSC22000とは
●トップマネジメントの役割と責任
●HACCPとは
●FSSC22000食品安全チームの役割
●PRPとは

FSSC22000規格解説研修

特長・ねらい

貴社製造現場の実態にあわせ、FSSC22000の規格をわかりやすく解説します。

対象

プログラム

●FSSC22000の全体像
●ISO22000規格要求事項の解説
●ISO22000マネジメントシステムの構築
●ISO/TS22002-1要求事項解説とシステム構築
●FSSC22000 Part1 追加要求事項
●FSSC22000効果的に運用するポイント

HACCPシステム構築研修

特長・ねらい

HACCPを理解し、自社のハザードを特定し、管理策を立案・実行できる能力を 習得します。

対象

プログラム

●食品製造業における食品安全とHACCP
●HACCPシステムの概要と推進方法
●前提条件プログラム(PRP)の構築
●フローダイアグラムの作成とハザード分析の進め方
【グループ演習】
  ・ フローダイアグラム作成〜ハザード分析の演習
●管理手段の決定と管理手順(OPRP、HACCPプラン)

フードディフェンス対策研修

特長・ねらい

食品安全・安心の脅威となる様々な危険要因の認識とその対策の重要性を理解するとともに、
フードセイフティ及びフードディフェンスを適切・妥当なコストパフォーマンスで効果的、効率的な
対策を推進するためのポイントを「フードディフェンス現状自己診断」を通じて習得します。

対象

プログラム

●食品製造業における“食の安全・安心”の重要性
●コストパフォーマンスの高い効果的、効率的なシステム・施設・設備構築のポイント
●フードディフェンス対策をどのように推進するか
●「フードディフェンス現状自己診断」による自社製造工場のフードディフェンス対策の課題抽出
●食の安全・安心を強化するための仕組の活用
●フードディフェンス対策事例

ISO/TS22002-1ギャップ分析研修

特長・ねらい

ISO/TS22002−1規格要求事項の意図を理解し、貴社製造現場のPRP対応の
ポイントや具体的にどの程度のレベルまで対応すべきかを、事前の自己診断、講義、
実地演習で学びます。

対象

  •  

プログラム

●ギャップ分析の実施方法と自己診断結果分析(Q&A及びフィードバック)
●現場調査による課題抽出
●PRP対応のポイント
●「ISO/TS22002-1要求事項評価一覧(ギャップ分析表)」のまとめ

FSSC22000内部監査員養成研修 ※修了証発行

特長・ねらい

FSSC22000内部監査員に必要な知識と監査ポイントを習得し、食品安全のための
自主点検、食品事故の予防につながる監査の視点を身につけます。

対象

プログラム

●FSSC22000全体概要と規格の理解
● 内部監査(目的、監査の流れ、監査員の役割、監査員に必要な知識)について
● チェックリストの作成
● 監査所見/監査結論、不適合の修正と是正処置
● 【演習】
   ・ 不適合演習(グループディスカッション)
   ・ 模擬監査の実施(ロールプレイ)
   ・ 不適合の修正と是正処置
● 理解度テスト

お問い合わせ先
一般社団法人日本能率協会 ISO研修事業部 お問い合わせはこちら

iso9001/14001 2015年改訂版への対応移行プログラム

fssc22000

お問い合わせ

資料請求

講師派遣研修

審査登録ならびに認証に関する情報・お問い合わせはこちらから

規格改訂情報

JMA

JMAQA

JMACC

クラウド型 環境情報統合管理システム

ページトップへ