VR公開セミナー開催レポート

トップページ > VR公開セミナー開催レポート

開催報告 〜内部監査のレベルを飛躍的にアップさせる〜
VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習 現場の問題発見力強化セミナー【品質ISO9001】

VR食品安全人材育成ソリューション

日本能率協会では、9月4日に「VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習
現場の問題発見力強化セミナー【品質ISO9001】」を開催しました。
監査先の工場の現場をVRを通して再現した本セミナーでは、参加者は現場における課題発見のポイントを実践的に理解することができます。
監査では現場でいかに課題を見つけていくかが重要になります。監査をテーマにした従来のセミナーでは、紙上などアナログで架空の工場などの現場を想定して、模擬監査を体験するケースが大半でした。 今回、実際の製造現場で特別に許可をもらって撮影した映像を使って監査の場を再現しています。VRでゴーグルを通して実際に現場にいるのと同じ光景を目にすることができるのです。今回ご参加いただたいた方々からの感想を紹介します。

「とくに良かった点は、VRを使っているので監査先の工場の現場を何回も見直すことができたことです。どういうところに問題がありそうなのか、トレーニングなので幾度も振り返って確認することができて大変勉強になりました。内部監査だけでなく二者監査で調達先に赴くことがありますが、監査先で現場を何度も見直すことは難しいです。
ですから幾度も見直しができるこのセミナーは、監査員育成のためのトレーニングには最適でしょう」 「監査現場ではどこを見るべきか、その視点をVRでは自分自身で選べる点が良かったです。映像などで模範的な着眼点を紹介するようなセミナーもあるようですが、VRなので自分で自由に視点を選ぶことができるので、着眼点についての効果的なトレーニングになりました」

「今回のセミナーでは一つの工場の現場を体験しましたが、VRを活用することでさまざまな現場を見て回ることが可能になるはずです。
監査員研修として一人ひとりの技量や担当に応じた模擬監査トレーニングができるなど、いろいろな可能性があると思います」

他にもいろいろな感想をいただきました
VRという新技術を使った研修は非常に興味深かった。
現場の状況は映像や画像だと見にくいが、VRだと分かりやすい。
監査について、一通り解説があった後にVRを使った演習ができるので良かった。
プロジェクターで表示するより、ゴーグルなどの道具を使って
興味を持たせるようになっている点が良かった。
スマホを使ったVRなので社内セミナーなどで手軽に利用してみたい。
監査でのヒアリングについて、良い例と悪い例を見比べることができるのは大変勉強になった。

本セミナーの開催・詳細についてはこちらまで。

当日の様子

参加者は、ゴーグルを通して実際の工場の現場を目にすることができます。本番の監査と同様に自分で着眼点を探していきます。

  • 当日の様子1
  • 当日の様子2
  • 当日の様子3
  • 当日の様子4

セミナーでは内部監査に関するさまざまなノウハウが取り上げられます。チェックリストについて記入方法を含めて解説します。

  • 当日の様子5

VRで工場の現場を一通り見終わった後、講師が課題を見つけるための現場での着眼点について解説します。

  • 当日の様子6
お問い合わせ先
一般社団法人日本能率協会 ISO研修事業部 お問い合わせはこちら

fssc22000

食品安全シンポジウム

食品安全対策展

資料請求

講師派遣研修

審査登録ならびに認証に関する情報・お問い合わせはこちらから

JMA

JMAQA

JMACC

クラウド型 環境情報統合管理システム

ページトップへ