whiteBar
バーチャルリアリティー研修

日本能率協会では、バーチャルリアリティ(VR)を活用した問題発見能力強化のための研修を開催中です。

「百聞は一見に如かず」―セミナーの場でセミナー参加者が、ゴーグルを装着して見えてくる世界は、部品工場の製造現場であり、食品工場の製造現場です。
VRコンテンツは、実際の製造現場で特別に許可をもらって撮影しているので、あたかも、本当に現地・現物を見ているような感覚で、監査の技法・ポイントを学ぶことができます。
VRセミナーは、今までにない体験を参加者にもたらし、新たな気づきを導き出す―VRは今後のセミナーのあり方に大きな変化をもたらすことが期待されます。

レポート 品質レベルアップ 環境レベルアプ

ページトップへ